8本組と白い色の理由。
 
PE8本組ラインのメリット
今やジギングには欠かせない定番となった8本組みPEライン。そのメリットをいち早く考えジギング用に開発しました。その8本組みの代名詞ともなった「ジガートラストPEライン」のメリットと開発コンセプトを改めてご紹介します。強度のばらつきの大きいPEラインを従来の4本組みで組むことに疑問を感じ、強度の均一化が出来る8本組みの開発を始めました。ラインに傷が入っていないのにファイト中に高切れが起るPEラインの不安を8本組みは高い信頼性に引き上げました。さらに、同じ太さ(同じ号数)の強度テストでも、10%〜28%もの強度アップが実現したのです。

  • ●強度アップと安定性の向上。
  • ●8本組のなめらかな面はハイピッチにジャークしたときにガイドとの糸鳴りが驚くほど違います。
  •  釣り人の使用感の良さだけでなく、水中に伝わる振動も大きく違います。
  •  又、ラインシステムを組むときにとても結びやすく、結束部分の強度も上がりました。
  • ●8本組のPEラインは耐久にも優れガイドとの摩擦などによるラインの損傷も減り、
  •  待ちに待ったビッグワンとのファイト中にラインブレイク…と言うことも減るはずです。
  • ●水中でのふくらみが少なく袋状に編んでいるラインの空洞が4本組みに比べて少ないため、
  •  水中でのふくらみを最小に抑えることが出来フォーリングスピードに差が出ます。
  •  水中でのラインの抵抗軽減は大きなメリットです。
  •  袋状に編んでいるラインの空洞が4本組みに比べて少ないという構造のメリットは、
  •  ラインが扁平になりにくく、使いこむほどに使用感やラインのねじれグセなどの問題に差が出てきます。

 
ラインの白い色とマーキングについて
ジガートラストPEラインは全体が白1色です。これには8本組にこだわったのと同じように大きな理由があります。まず魚にとって一番見えにくい色は何か?その答えは自然の中にありました。「魚の腹は白い」という、魚が自然の中で身を守るための当たり前の事実がヒントでした。魚が捕食しようとするときには自分より上を見ながら泳いでベイトフィシュを食い上げる為、白い色が1番魚にとって見えにくい色になるはずです。本当は、マーキング無しの白1色がベストと考えたのですが、釣り人が深さをチェックできる最低限のマーキングを付ける為10m毎に短くオレンジのマーキング。又、50m毎の黒いマーキングは、深さを読み易くするためと、ラインをリールにセットするときの目安になるよう短くマーキングがして有ります。塗料を塗るとPEラインが持つ本来のしなやかさが失われてしまいます。そこで、必要最小限のマーキングのみで、弊害の出やすいワックス処理で無く、シリコンコーティング加工を施しています。この高性能ラインはジギングだけでなくキャスティングラインとしても最適で、シイラやナブラ狙いのキャスティングから、7号、8号のGT用キャスティングにもその高性能を発揮しています。
 
 ヒストリー(1999 「8本撚り」Jigger Trust PEライン)
 
 

Specs

 
PE-line JIGGER TRUST
Model 巻き数
m
引っ張り強度
strength
4 300m/600m 20.3kg
5 300m/600m 23.3kg
6 300m/600m 28.5kg
7 600m 35.8kg
8 300m/600m 38.5kg

 

価格表

 
ジガートラストPEライン 規 格
(m)
標準小売価格(円)
(税別表示)
4号
300m 5,800
600m 9,800
5号
300m 6,000
600m 10,200
6号
300m 6,200
600m 10,600
7号
600m 11,000
8号
300m 6,800
600m 11,600